「2021年度版」屋根・外壁塗装を行うタイミングとは?劣化症状や季節から判断しよう!

初めて塗装工事をご検討の方へ

建物を保護するためになくてはならない外壁塗装も、いつかは効果が薄れ、塗替えのタイミングになります。 また、外壁塗装工事する時期によって業者とのやり取りや塗装工事の難易度も少々異なってきますので、季節的な条件も知っておいたほうが良いでしょう。 別途工事にかかる大きな出費を避ける為にも、外壁塗装を行うべき劣化症状や季節をチェックしておきましょう。

外壁塗装を行う症状やサインをチェックしよう

外壁塗装は季節的なタイミングだけでなく、劣化症状が現れた時も実施タイミングと考えてよいでしょう。

以下からは外壁や屋根で起こる主な塗り直しのサインや、塗り直しが必要な理由について解説していきます。

チョーキング現象

外壁を触ったときに壁の色と同じ粉が手についた経験はないでしょうか。

これは「チョーキング現象」と呼ばれるもので、紫外線や直射日光、風、雨水などが原因で塗装が劣化し、成分の顔料がチョークの粉のように表面に付着している状態になります。

チョーキングが起きているということは塗料は耐久力を失っており、危険度も高い状態ですので、できるだけ早めに塗装を塗り替えなくてはなりません。

チョーキング現象は塗膜劣化現象の中でも特にわかりやすく、誰でもチェックできますので覚えておこと良いでしょう。

ひび割れ(クラック)

ひび割れた塗膜やモルタル外壁は、隙間から雨が入り込み、構造材のカビやサビ、腐食などの原因にもなり、見た目だけでなく建物自体の強度低下にも繋がります。

特に、モルタル壁やコンクリート壁など外壁そのものに入っているひび割れは、塗膜表面のみのひび割れよりも深刻です。

ひび割れの深さがわからないときは外壁塗装業者やリフォーム専門業者に点検を依頼し、適切な補修を行ってもらうと良いでしょう。

雨漏り

室内に雨漏りが起きているということは外壁や屋根の構造になんらかの問題が起きているとも言えます。

屋根の防水シートが劣化していたり、外壁内部に天水が浸水していたりする恐れがあり、早急に補修しなければ内装材の傷みだけでなく構造材の劣化によって家全体の耐久性も落ちかねないので、注意が必要です。

外壁の汚れ・カビ・コケ

なんとなく外壁が汚れてきたと感じたときも、塗り替えのタイミングと考えて良いでしょう。

汚れが付着しやすくなったということは塗装の防水力や耐久性が低下していることも考えられますので、塗装業者を呼んで塗替えが必要な状態か点検してもらうことをお勧めします。

【カビやコケは殺菌が大切】

カビやコケは水分の多い場所を好んで繁殖し、一度根を張るとただの水洗いでは根本から除去できず、すぐにまた再生してしまいます。

外壁塗装では塗装前に高圧洗浄機を使って頑固な汚れを落としますが、カビやコケを殺菌する洗剤を使ったバイオ高圧洗浄なども選ぶことが可能です。 また、カビやコケの再発を防ぐ防カビ・防藻効果を持つ塗料などもありますので、最も適切な塗料を業者に選んでもらうと良いでしょう。

部位別・塗装を行うべきタイミング

外壁塗装だけでなく、できるだけ屋根や付帯部など他の場所も一緒に塗装工事を行うことをお勧めします。

全箇所を同時に塗装することで、次のメンテナンス時期を合わせられるようになり、足場代や下地調整費用など、塗装工事以外の諸費用が一回分にまとまるので、何度も塗装工事するより合計塗装工事費用も安く抑えられます。

屋根塗装

屋根は外壁と違って普段目にする箇所ではないため、できれば10年に1度は専門業者を呼んで点検してもらうと良いでしょう。 特に屋根は紫外線を最も多く浴びるため、外壁よりも劣化が早くなります。

外壁にチョーキングやひび割れなどの目に見える劣化症状が起きていなくても、最低でも10年に1度は屋根リフォームの必要性を調べておくと良いでしょう。

【太陽光設置リフォームの前に屋根塗装を】

最近では戸建て住宅でも太陽光発電を乗せている屋根が増えてきています。 屋根塗装や補修は太陽光パネル設置の前に済ませておくと良いでしょう。 パネル設置後に塗装するとパネルへの養生が必要になって、屋根工事費用がかさんでしまいます。

【屋根塗装におすすめの塗料】

屋根はもっとも日光を浴びさらに雨を受ける場所でもありますので、できるだけ性能の高い塗料を使うのが理想です。

しかし、性能が高いということはそれだけ費用も高くなりますので、コストパフォーマンスに優れた「シリコン塗料」 「ラジカル制御型塗料」を選んでおくと良いでしょう。 また、屋根から室内に届く熱を防ぐ遮熱効果を持つ塗料や、室内から逃げようとする熱を逃さない断熱効果を持つ塗料なども冷暖房費を節約する効果があるため屋根用塗料にお勧めします。

雨戸塗装

雨戸の塗装工事も屋根や外壁と同時に行われます。 雨戸はほとんどが鉄製ですので錆びが生じてしまいます。 わずかな錆びでも放置すると雨戸全体に広がり、外壁材が金属系サイディングの場合もらい錆びが発生する恐れがあるので注意しましょう。

なので、少しでも劣化しているようであれば外壁塗装と同時に塗装工事しておくと手間もかかりません。 また、雨戸が色褪せたままだとせっかく外壁と屋根を塗装工事しても雨戸の色褪せが目立ってしまいますので、外観全体の美しさを統一するという意味でも雨戸も同時に塗装工事しておくと良いでしょう。

ドア塗装

意外と見落としがちな箇所が、玄関ドアです。 ドアの塗装は外と家の中との寒暖差で起こる結露が原因ではがれやすい箇所になります。 また、足や物がぶつかって衝撃が加わった箇所は塗装が比較的はがれやすいです。 しかし、玄関ドアの塗装工事は外壁や屋根などの塗装工事とは別の技術が必要ですので、ドア塗装工事の実績を持つ職人に塗り替えを依頼すると良いでしょう。

付帯部塗装

雨樋、破風板、軒天といった外壁や屋根を構成する付帯部も、建物塗装工事のタイミングで併せて実施しておくと良いでしょう。 雨戸と同様に、これらの箇所が色褪せているにも関わらず塗装工事を怠るとせっかく塗装をしても付帯部だけ目立ってしまい納得いかない仕上がりになる恐れがあるので、注意しましょう。 また、ポストやフェンス、門柱・門扉なども錆びや塗装の剥がれが気になるようであれば、併せて塗装工事すると良いでしょう。

外壁塗料の耐久年数が過ぎていませんか?

外壁塗装で使われる塗料にはいくつかの種類があり、それぞれ耐用年数が異なります。なので、選んだ塗料の耐用年数によって次の塗り替えのタイミングが決ます。

最後に外壁塗装した際の塗料を確認しましょう。

塗料のグレードと耐久年数をチェック

外壁塗装用の塗料は、

・ アクリル樹脂系塗料…約5~8年 ・ ウレタン樹脂系塗料…約8~10年

• シリコン樹脂系塗料…約10~12年 • ラジカル制御系塗料…約12~15年

• フッ素樹脂系塗料….…約15~20年 という順番で、耐久性が高くなります。

【塗料の種類でも耐久性が変わる】

塗料にはグレードの違いだけでなく「溶剤塗料」「水性塗料」の違いがあります。

溶剤塗料はシンナーなどの有機溶剤で塗材を希釈して使う塗料になります。 シンナーの刺激臭を伴いますが外壁にしっかり密着するため、耐久性は高くなります。

水性塗料は水で希釈して使う塗料で、溶剤塗料ほどの強い臭いは発生しませんがやや密着性に劣ります。 ただし水性塗料を選ぶと溶剤塗料よりも早く劣化するとは限りませんので、外壁材に適した種類を、専門の塗装業者に選んでもらうと良いでしょう。

塗り替え時にはできるだけ耐久性が高い塗料を選びましょう

アクリル塗料はもっともリーズナブルな塗料ですが、耐久年数は5~8年ほどになります。 なので、すぐに塗り替えが必要になってしまうため、もう一度同じ塗装工事費用が発生してしまい長い目で見るとリーズナブルではありません。 そのため、屋根塗装用の塗料でも説明した通り、外壁などもシリコン塗料やラジカル塗料など耐久年数が長い塗料を選んでおくことをお勧めします。

季節と外壁塗装の相性

基本的に、外壁塗装工事はオールシーズン行えます。 また、どの季節でも気候条件に工事内容が振り回されることに変わりはありません。

現在使われている外壁塗装用の塗料は、温度や湿気などの使用条件を守れば問題なく塗装できますので、塗装工事した時期によって耐久性が大きく変わるようなことはありません。

一般的に塗料の硬化・乾燥に適した気候条件は「気温15~30℃、湿度75%以下」と言われています。この条件が、埼玉県ではいつ頃なのか確認してみて下さい。

気象庁の公式サイトから、過去のデータを見ることができます。

*気象庁(過去の気象データ検索)

春と外壁塗装

気候が安定している春は、施工業者にとってもお客様にとっても塗装工事向きのベストシーズンと言えます。 なぜなら湿度が低いため塗料が乾きやすく気温もほどよいため、屋外でも職人が作業しやすいためです。

梅雨と外壁塗装

雨の多い梅雨は塗装工事が行えないように思えますが、雨さえ降っていなければ工事に支障は出ません。 ですが、雨の日は塗装工事が行えないため、雨が何日も続くと工期が長引き、足場や養生シートに囲まれたまま何日も過ごすことになります。

また、雨が降っていなくても、湿度が85%以上の環境下では塗装は使用できないことにも注意が必要になります。

夏と外壁塗装

夏は気温が高いため塗料の乾きが早く、塗装時の伸びもよいため作業性も高まります。

ただし、屋外や屋根の上での塗装工事は職人にとって過酷な作業環境となり、熱中症を避けるため一時的に塗装工事をストップすることもあります。 また、養生期間中は窓が開けられなくなりエアコンの室外機も覆われるため、冷房が使えない期間の過ごし方について業者と施工管理について話し合っておいたほうが良いでしょう。

なお、お盆までに塗装工事を済ませようとする方が多いため、夏場の中でも8月前半は依頼が集中することも覚えておいたほうが良いでしょう。

秋と外壁塗装

空気が乾燥しており塗料が乾きやすく、春と変わらずストレスなく塗装工事が行える季節になります。 ですが、秋は台風シーズンでもありますので、天候が不安定になり工期が延びることもあります。

また、台風によって外壁のシーリング(コーキング)や屋根から雨漏りが発生したり、雨樋・雨戸・面格子が破損したりして修繕工事の需要が急増するため、台風直後は業者の予約が取りづらくなりますので、注意が必要です。

冬と外壁塗装

空気が乾燥しているので塗料の定着がよく、窓を閉め切っていても支障がないというのが冬の外壁塗装のメリットになります。 しかし日照時間が短く、気温や霜、積雪の影響などで他の季節に比べて作業できる時間が短くなってしまいます。

定期的な自己診断で塗り替えのタイミングを見逃さない!

いまは目に見えた劣化がないとしても、今回ご紹介したような劣化現象(チョーキング現象、ひび割れ・クラック、外壁の汚れ・カビ・コケ)は必ず現れます。

建物をより長持ちさせるためには、ご自宅の外壁塗料の耐年数を把握し、自身の目で外壁に劣化がないか定期的に確認することをおすすめします。

気になる劣化症状を見つけた時には放置せず、外壁劣化診断士が常駐する外壁塗装業者などに問い合わせてみてもいいと思います。

埼玉県の外壁塗装工事の相場が知りたいという場合は、外壁塗装工事の一括見積ができるサービスもありますのでそちらの利用も考えてみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました