【外壁塗装】ベランダ防水工事をセットで行った方が良い理由

初めて塗装工事をご検討の方へ

外壁塗装というと外壁や屋根の塗装のイメージですが、ベランダ防水工事もかなり重要です。

実はベランダ(バルコニー)は、定期的に塗装を行わないと雨漏りが起きやすい場所です。

「本当に必要なの?」「今のところ何の問題もないけど」「塗替えが必要なタイミングって?」

と疑問がわいてきますよね。今回はそんな疑問にお答えしていこうかと思います。

放っておくと危ないベランダ!よく見てみよう

一見キズなどなく、ただの汚れだけに見えるベランダ(バルコニー)も、築10年も迎えると剥がれていたり、ひび割れていたりします。

その剥がれやひびを「少ないから」「小さいから」と放っておくと、その隙間から雨水が侵入し、雨漏りとなります。大規模修繕工事になりかねないので、ベランダの劣化状況をチェックし、適切なタイミングでベランダ防水工事を行う必要があります。

ベランダは屋根のように傾斜が少なく、水が溜まりやすい構造をしているので水分による劣化が心配です。だからこそ、防水塗装が重要になってきます。

では、ベランダ(バルコニー)ではどんな劣化状況があるのでしょうか。

ベランダの劣化状況と補修方法

ひび割れ

防水塗装をしっかりしているベランダでも経年劣化でひび割れが起こります。

トップコートのみのひび割れでしたら、ベランダの防水塗装工事はトップコートのみ塗り直しを行います。

しかしトップコートだけでなく防水層やベランダ全体に劣化やひび割れが見られる場合は防水層からの補修工事をしなければいけません。

その上、防水層までひびが入っているとなると防水ができないので雨漏りしてしまいます。

そこまでいくと早急にベランダ防水工事をする必要があります。

ベランダの色褪せ

色褪せはトップコートが劣化してきているサインです。

色褪せまでなら外観が悪いだけですが、放置しているとひび割れや雨漏りにもつながるので注意が必要です。

トップコートだけの塗り直しであれば費用も工期もそこまでかからず防水塗装工事を行う事ができます。

剥がれ

この写真はトップコートがひび割れ、ポロポロと剥がれている状態です。

ここまで来ると完全に保護の役割を出来なくなるので、防水層が外気に晒されます。
そのままにしていると防水層が傷つき、雨漏りを引き起こすことになりかねません。

防水層が傷つく前であればトップコートのみを塗り直すもいいですし、大事を取りたいのであればさらに強力な塗装(ウレタン塗装)(詳しくは後述)を行うのもオススメです。

ただ、悪徳業者にあたってしまうとトップコートの塗り直しだけでいいところを、「防水層にも損傷があります。」と、不必要な塗装工事をさせようとしてくるので、見積もりを依頼する業者はしっかりと見極めて、相見積もりをとりましょう。

床面の水たまり

水たまりの原因はたくさんありますが、多くが勾配のなさがあげられます。

一見水平に見えるベランダですが、本来であれば排水口に向かって傾いています。

その勾配が、前回の防水塗装工事の際に適切な勾配を付けずに塗装をしてしまったり、

ベランダに置かれた荷物などによって水捌けが悪くなったり、

排水口がゴミなどで詰まるなどすると、

水たまりになります。

・防水塗装で勾配をつける

・排水口の詰まりをとるなどの対処法があります。

最悪の場合雨漏りへ

あらゆる症状を放っておくと、防水層にも傷がつき、そこから雨水が浸水していきます。

そうして、最悪の場合雨漏りとなります。

防水塗装方法

ベランダ防水塗装工法はいくつかあありますが、

大きく2つにわけられます。

塗料で防水層を作った上にトップコートを行う防水方法(FRP防水・ウレタン防水)と

シートを使って防水層を作る防水方法(シート防水工法)

シートは何かと問題が起こりやすく、現場ではあまり用いられない手法ですので

今回はベランダ防水工事で多用される

FRP防水工事

ウレタン防水

について詳しく解説させて頂きます。

トップコートの塗り替え目安は約5年
防水層の塗り替え目安は物にもよりますが、約10年〜15年と言われています。

FRP防水

FRP防水工事とは

FRPというガラス繊維や炭素繊維が配合された強化プラスチックを敷き、樹脂塗料で固め繋ぎ目のない防水塗膜をつくり、その上に紫外線などから守るためのトップコートを塗る工法です。

ウレタン防水塗装と比べると使う材料や手間がかかるので値段も高くなりますが

「大事なのは自分のお家に合っているかどうか」と「今後のメンテナンス」

損傷がトップコートのみであればトップコートのみの塗り直しでいいのですが

防水層まで傷ついているとなると大規模な塗替え工事になってしまうので

5年経ったら点検やメンテナンスを行って最小限の費用と手間で済むようにしましょう。

ウレタン防水

ウレタン防水とは2種類存在し

絶縁工法と密着工法というものがあります。

どちらも専用のウレタン防水塗料を2回塗り重ねて防水膜をつくり、その上に紫外線などから守るためのトップコートを塗る工法です。

絶縁工法で行うのか、密着工法で行うのか、FRP防水工法で行うのか、

ご自宅に合わせた施工を見極めクオリティ高く施工を行ってくれる外壁塗装業者に依頼し

定期的なメンテナンスを行いましょう。

優良塗装業者を見極め方についてはこちらの記事も参考にしてみてください

ベランダ防水塗装を外壁塗装工事とセットで行った方がいい理由

ベランダ防水工事の大切さはご理解頂けましたでしょうか?

それでは、なぜ同時に行った方がいいのかといいますと、

この図と同じように、問題は足場代です。

同時に行ってしまえば別々に分け、足場代が余分に増えることがありません。

そういった意味で、外壁塗装と同時にベランダの防水塗装は行った方がいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はベランダの防水工事の重要性について書かせていただきました。

屋根や外壁と比べるとつい後回しにしてしまいがちのベランダ(バルコニー)防水工事ですが

定期的に点検を行わないと雨漏りになりやすい場所でもあるので

是非定期的なメンテナンスを行いお得に大事なお家を守っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました