外壁塗装の高圧洗浄の方法と費用について

初めて塗装工事をご検討の方へ

外壁塗装をする前に、高圧洗浄を行います。

「高圧洗浄ってなにするの?」などから、詳しく解説していきます。

高圧洗浄とは

高圧洗浄とは、外壁を塗装する際に欠かせない重要な工程になります。

外壁や駐車場の床にこびりついたコケや藻などの汚れを高圧洗浄機という特殊な機械を使って、洗浄機から発する水の圧力により汚れを落としながら綺麗にしていく工程です。

高圧洗浄することによって外壁の塗装をする前に汚れを落とす目的があり、外壁塗装にとって大切な工事になります。

外壁の汚れを落としていくのは手作業では難しく、頑固にこびりついた壁汚れをきちんと落としてくれるのが高圧洗浄です。

高圧洗浄は必要なのか?

外壁塗装をする前に高圧洗浄は必要なのかと思う方も少なくはないでしょう。

なぜ必要なのか解説していきたいと思います。

塗料の密着性をよくするため

1つ目は、塗料をよく密着させるためです。

塗装を行っていく際に、外壁に汚れが残っている状態で上から新しい塗料を塗っても、塗料の効果を十分に発揮することができないのです。ホコリ、藻、コケなどの上から塗ってもすぐに剥がれてきてしまったり、耐久力も持続しません。

その状態を避けるために、洗浄によって綺麗にし塗装ができる状態にしていきます。

見た目をキレイにするため

2つ目は、高圧洗浄機は強力な水圧で、目に見えない外壁の汚れも落とすことができます。塗装工事をしない部分も、洗浄でホコリ、藻、コケなどの汚れを落とし綺麗になります。

駐車場などのコンクリート部分の汚れが特に激しい場合は、見違えるようになります。

高圧洗浄の種類

高圧洗浄は、外壁などの汚れを落として、塗装の準備段階になります。汚れの状態によっても洗浄方法が異なります。ので洗浄方法を解説していきます。

通常噴射

高圧洗浄の種類には主に3つの洗浄方式があります。1つ目は、通常噴射と呼ばれる一般的な洗浄方法となります。

特徴:先端が回転することにより、より強力な水圧で洗浄するノズルになります。

水圧:110-150kg/㎠

使用箇所:屋根・外壁

メリット:高圧の水で、高い洗浄力

デメリット:落としきれない汚れもある

トルネード噴射

高圧洗浄は外壁だけでなく、場合によっては屋根も同時に行いますがこのトルネード噴射タイプ屋根に使用することが多く、場合によっては外壁にも使用します。

特徴:主に屋根に使用し、広範囲の扇形の高圧洗浄ノズル

水圧:110-200kg/㎠

使用箇所:屋根

メリット:水が飛散しにくい・通常タイプよりも威力が高い

デメリット:水圧によりケガの可能性がある

バイオ洗浄

高圧洗浄の中でも少し特殊な洗浄方法で、洗浄する箇所にバイオ洗浄剤と呼ばれる液体を塗布し、時間を置いたあと、高圧洗浄していくというものです。

特徴:バイオ洗浄液という特殊な液体を使用し頑固なカビやコケを浮かせて高圧洗浄する技法

水圧:110-200kg/㎠

使用箇所:屋根・外壁

メリット:高圧の水だけでは対処できない頑固な汚れも落とせる・洗浄後も汚れが付きにくい

デメリット:単価が高い

高圧洗浄にかかる費用

高圧洗浄にかかる費用は、基本的には貸し出しの水道費用と業者の技術費用の2つになります。

高圧洗浄用に貸し出す水道費用

意外と知られていませんが、外壁の高圧洗浄にかかる水道代は、依頼主負担です。自宅にある水道を業者に貸し出すことが一般的で、業者に水を持ってきてもらう場合は運搬費などで高額になってしまいます。

水道代はお住いの地域によって異なるのですが、例としてさいたま市の水道料金で計算すると、約1400円が高圧洗浄の水道費としてかかると思っておきましょう。

高圧洗浄機は1分間におよそ12~15リットルの水を使用します。

洗浄は外壁の汚れ具合によって作業時間が異なり、1日~半日で作業することになりますが、1日使用しても2000円程度でしょう。

水道代の計算はかなり複雑なためここでは断定できかねますが、おおよそのは上記に記載した通りとなります。

高圧洗浄を業者に依頼する作業費用

高圧洗浄を外壁塗装業者に依頼する際は、作業をしてもらうための費用も必要になります。

業者は専用の高圧洗浄機を持っていますので外壁や屋根のクリーニングに高い効果があります。

基本的な費用の相場は、通常の高圧洗浄の場合は1㎡あたり約100円~300円。バイオ洗浄を行う場合は洗浄剤が必要になるので1㎡あたり450円~850円となります。

一般的な30坪の家で算出すると、費用はおよそ18000円~50000円となるのが一般的な相場です。

業者の使用する高圧洗浄機は基本ガソリンタイプのものなので、洗浄時にかかる費用は主にこの3つになります。

外壁の高圧洗浄の主な工程

外壁の高圧洗浄をする主な工程は基本的には、

足場組み立て後の汚水の飛散防止シートの設置→洗浄用の水の確保、洗浄機の準備→高圧洗浄です。

水の飛散防止シートの設置

外壁の高圧洗浄をおこなった際、外壁についた汚れを水で洗い流します。

この時汚水が足場の外に飛んでしまい近隣の家に飛散しないように注意が必要です。

上記を避ける為、飛散防止シートを足場まわりに張り、汚水が飛び散るのを防ぐのです。

洗浄用の水、洗浄機の準備

外壁の高圧洗浄のための水を準備に入ります。基本的には依頼主の水道を借り、業者が大きなタンクを持参してその中に水を貯ます。

洗浄作業では大量の水を高圧で噴射していくため、タンクにためずに作業は行えません。

洗浄機の準備をし、ホースなどを家の周りに設置します。

高圧洗浄

全ての準備が整ったら外壁の高圧洗浄開始になります。

基本的に洗浄中に水が滴り汚水が流れて外壁を汚さないように屋根から洗浄をおこない、その後外壁を洗浄をします。

上から下へ汚水を流し、最後に駐車場などのコケや汚れを落として完了になります。高圧洗浄は半日から~1日で終了し、完了後は外壁をしっかり乾燥させます。

乾燥をしっかりしないと、外壁が濡れた状態のままになってしまいますので、基本的には1日乾燥時間を設けます。

外壁の高圧洗浄の注意点

外壁の高圧洗浄を業者に依頼する際は、以下のポイントに注意して洗浄を行ってもらいましょう。

外壁の高圧洗浄の注意点 近隣の方に事前にあいさつをしておきましょう

これから工事を検討される方は是非参考にしていただき、高圧洗浄の必要性をしっかりと認識したうえで業者にお願いしましょう。屋根や外壁を新たに塗装する際は、しっかりと高圧洗浄で家にこびれ付いた汚れを落とし塗装してもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました