【外壁塗装】30坪の費用相場

初めて塗装工事をご検討の方へ

初めて外壁塗装を行う方は外壁塗装が平均いくらかかるのか想像もできないですよね。

「自分の家はどれくらいかな?」

「調べてみても情報量が多く、いまいちわからない!」

今回はそのような方のために一般家庭に多い30坪の家の費用相場を塗料別もふまえて解説していきます。

一般家庭の30坪の平均費用相場を見て、ご自宅の費用相場も予想できるのではないでしょうか?また、適正料金を知ることで格安すぎる・高すぎるなど、手抜きを行う悪徳業者も見抜けるようになり、外壁塗装を失敗しないようにしましょう!

外壁塗装の費用相場

外壁塗装をお考えの方は既にお見積りを何社かとったかとは思いますが、外壁塗装工事は業者ごとに得意分野が違い、職人の技術力や材料の仕入れ方なども違う為、業者ごとで見積もり価格が異なる、金額が不明瞭な工事です。

その為、相場を調べたとしてもはっきりとした答えが出てきませんし、やはり使用する塗料や、劣化状況、塗り面積などにより価格が大きく変動します。

坪数よりも塗り面積のほうが重要なため、坪数だけではわからないのですが、参考になれば幸いです。

30坪の費用相場

それではさっそく30坪の費用相場をご説明致します。

30坪のお家ですと外壁のみ30~90万円。外壁+屋根80~120万円。が費用相場です。

しかし外壁塗装工事費用は塗料の種類によっても大きく変動します。耐候年数やセルフクリーニング機能など、性能が良ければ良いほどお値段も高くなっていきます。

ちなみに30坪とは、10坪の三階建て、15坪の二階建て、30坪の一階建てという計算をするので、「30坪だから○○万円!」といった計算方法は行いません。その為坪数別による見積もりを出してくる塗装業者は悪徳業者である可能性が高くあります。

30坪の見積書の内訳

足場

足場の単価は、1㎡あたり700円~1500円。一般的な2階建て住宅の場合、足場の相場は、30坪で16~22万円。

ご自宅の立地や形、大きさなどによって向いている足場の種類が変わってきますので、見積もりが出ましたらなぜ自分の家の足場がこの単価なのか聞いてみましょう。

足場についての詳しい記事はこちら

また、飛散・落下防止ネットの単価相場も150円前後の 30坪一般家庭で2万円~4万円

高圧洗浄

見た目を綺麗にしてくれ、塗料の付きもよくしてくれる高圧洗浄。カビ・コケを落としてくれるバイオ洗浄も大人気です。

30坪の一般家庭での費用相場は2~5万円。

単価は高圧洗浄の場合は1㎡あたり約100円~300円、バイオ洗浄を行う場合は洗浄剤が必要になるので1㎡あたり450円~850円となります。

高圧洗浄についての詳しい記事はこちら

下地処理

下地処理とは、ひび割れ補修や、サイディング外壁のコーキング、鉄部のサビ落とし(ケレン)などの事です。

一般家庭30坪の平均相場は11~15万円。

必要な下地処理はご自宅により様々です。

塗料の種類別30坪の外壁塗装費用相場

外壁塗装の費用相場は塗料の種類によってかなり左右されます。

塗料の種類別30坪の費用相場
塗料の種類別耐候年数

アクリル:約5~8年

ウレタン:約8~10年

シリコン:約10~15年

ラジカル:約14~16年

フッ素 :約15~20年

無機  :約18~23年

塗料についてはこちらのブログに詳しく記載しております。

外壁塗装費用相場の変動

本来外壁塗装は相場のない工事とされています。

なぜかと言いますと外壁塗装の見積金額は以下の要因の組み合わせにより大きく変動するからです。

  1. 階数
  2. 家の仕様
  3. 築年数
  4. 塗料の種類
  5. 使用する塗料の色数
  6. 関わる会社の数
  7. 会社の規模
  8. 土地の環境
  9. 悪徳業者
  10. 足場の種類

階数

階数が高ければ高いほど塗装面積が増えますから、費用相場も高くなります。

家の仕様

外壁のデザインや間取り

築年数

築年数が経てば経つほど劣化しますから、その補修に費用がかかります。

塗料の種類

塗料には様々な種類があり、耐候年数が高ければ高いほど料金も高くなります。遮熱塗料や防カビ塗料など様々な種類の塗料があります。

使用する塗料の色数

色数が増えるとその分料金も増えます。最近はツートンの外壁がオシャレで人気です。

関わる会社の数

仲介手数料が発生する為、全て自社施工の業者を選ぶとクオリティの高い塗装が費用を抑え、行えます。

会社規模

上記と同じで、大手であればあるほど下請け業者の数も増えますから、その分仲介手数料も発生します。

立地

「湿気が貯まりやすい」「太陽に近い」「海に近い」など、環境によっても使用する塗料や行う工事が変わってきます。

悪徳業者

相見積もりを行わないとありえない金額を提示してくる悪徳業者に騙されやすくなります。

足場の種類

建物の立地や使用によって使用する足場の種類が異なってきます。

30坪の外壁塗装を適正料金で行うために

ここまで30坪での平均費用相場を上げていきましたが、依頼した塗装業者が相場内の見積もりを提示してくるかどうかは分かりません。

では、どのような行動を行えばよいのでしょうか。

相見積もり

すべては相見積もりで解決します。相見積もりとは複数の塗装業者に見積もり依頼を行う事ですが、

相見積もりを行わずにいると、相場とはかけ離れた見積もりを提示され、「ヒビが大きすぎて補修が大変だ」とか、口約束だけで「今だけなら高性能な塗料を使用しますので!」などと丸め込まれてしまう可能性が高くなってしまいます。

相見積もりをとることで、より相場に近い見積もりに出会えたり、相性の良い塗装業者に出会えるかもしれません。塗装業者も人間ですので相性の良いお客様にはサービスを考えたり、「このお客様の塗装工事をするのは嫌だな」と思うと通常よりも高い見積もりを提示されることも。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は30坪のご自宅に絞った相場の解説でした。

30坪といえど様々な要因で費用は変動しますので、是非いろいろな塗装業者の見積もりを取得してこれだ!と思える業者と契約を行って頂ければなと思います。

また、金額だけで決めないことも業者選びでは重要です。

タイトルとURLをコピーしました