【要チェック】外壁塗装の重要項目「下塗り」ってなに?

初めて塗装工事をご検討の方へ

見積もりをみたときや、外壁塗装を調べた際によく見る『下塗り』の文字。

「そもそも下塗りって何?」「何のためにするの?」「ないとだめなの?」

など、疑問に思う方も少なくないはず。

しかし外壁塗装において下塗りという工程はなくてはならないものです。

では、下塗りを行わないとどうなってしまうのでしょうか。

今回の記事では「下塗りの重要性」「下塗りがする役割」「下塗りの種類と使い分け」を軸に『下塗り』について詳しく解説していきます。

下塗りは外壁塗装の過程の中でも重要な工程

そもそも下塗りとは何か

外壁塗装では、壁を下塗り→中塗り→上塗りの順に塗装をしていきます。

高圧洗浄やバイオ洗浄などの洗浄を行った後、ひびや、破損部を補修ます。その後の塗装で中塗りや上塗りの前に下塗り塗料を塗ることを「下塗り」といいます。

下塗りの役割

上記の通り、 外壁塗装では、壁を下塗り→中塗り→上塗りの順に塗装をしていくのですが、

ここで下塗りを行わず、中塗り上塗りを塗装してしまうとどんなに良い塗料を使っていたとしてもすぐに色むらや剥がれ、防水などの効果がなくなってしまいます。

では、そんな下塗りにはどんな効能がありその効果を発揮しているのでしょうか。詳しく説明していきます。

接着剤効果

下塗りは、外壁と中塗り・上塗りのくっつきを良くする、接着剤のような役割を担っています。中塗り・上塗り剤事態にくっつく能力はあまり備わっていないので下塗りを行わないとすぐにポロポロ剥がれてしまいます。

前回使用した塗料の種類によっても塗るべき下塗りの種類が変わってくるので、現在塗られている塗料がどのような種類のものかを把握し、塗装業者に伝えておくともちの良い、良い外壁塗装が行えます。

下地の色を隠す

下塗り材のほとんどは白色をしています。

下塗りを行うことで元の外壁の色が白色になり上塗りの色が正しく発色されます。

元の壁の色が黒で、したい壁の色がピンクだとすると、下塗りを行わないと濁ったピンクになるか、もしくはピンクが発色しないことになります。

塗料の吸収を抑える

劣化した外壁は塗料を吸い込んでしまい、色むらや凹凸になってしまうのですが、下塗りによって吸収を抑えることができます。

下塗りを行うと凹凸や色むらのない綺麗な仕上がりになります。

塗料の性能を最大限引き出す

ご自宅の状態に応じて、「サビを防ぎたい」「コケを防ぎたい」「遮熱したい」などがあるかとおもいます。その要望に応じ外壁塗装業者は上塗り剤を選ぶのですが、下地にもその機能は備わっています。

遮熱性が高い上塗り剤に遮熱性が高い下塗り剤を合わせることでより遮熱性が高い外壁にすることができます。

下塗り剤の種類

下塗り剤はおおきく分けてこの3種類があげられます。

シーラー

シーラーは名前の通り「接着」「塞ぐ」「密閉する」という効果があります。

主にクラック(ひび割れ)の起こっていない外壁に用いられます。

また、コーキングで言われているシーリングとは別物です。

プライマー

シーラーとほとんど同じですが、プライマーは樋や手すりなどの金属に用いられることに適しています。しかし、サビ用プライマーでない限りケレン作業をおこない、しっかりサビを落としてから塗る必要があります。

フィラー

フィラーはシーラーやプライマーと違いとろっとしており、ヘアクラック(細いヒビ)に強く凹凸をなだらかにする下塗り剤です。

微弾性フィラーを使うことによってシーラーの『密着力』フィラーの『凹凸をなくす』両方の効果を得られます。

悪徳業者の手抜き工事を暴こう

この下地の工程があるかないかで手抜き作業かどうかが分かります。

今までの解説でいかに下塗り作業が重要か分かって頂けたと思います。その下塗り作業を行っていないとなると間違いなくその業者は悪徳手抜き業者です。

また、正しく下塗りの効果を出すために高圧洗浄やバイオ洗浄などの洗浄は必須です。

洗浄を行うことでホコリや汚れが落ち、下塗り剤をしっかり密着させることが出来ます。

洗浄を行わない業者も悪徳業者としてみて間違いないです。

洗浄についてはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

下塗り剤には、「接着剤効果」「塗料の発色を良くする」「塗料の吸収を抑える」「防コケ、遮熱などの効果」があり、この過程を行わないと塗装がすぐに剥げてしまったり色むらになってしまいます。

また、下塗りという重要な工程を行っているかいないかで悪徳業者が見抜けることも書きました。

優良塗装業者の見つけ方はこちら

現在の塗膜がどんな種類化によって使うべき下地の種類も変わってくるので是非こちらの記事を参考にしながら信頼できる外壁塗装業者と話し合いより良い塗装工事にしていきましょう!

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました