外壁塗装のアフターフォローってなに?ないとどうなる?【アフターフォローでみる業者選び】

初めて塗装工事をご検討の方へ

外壁塗装をする際、業者の方からアフターフォローについて言及があるかと思います。

外壁塗装が初めての方は、どのようなアフターフォローが良いのか、アフターフォローとは何なのか、どのようなことをするのかなどなどわからない事がたくさんあるかと思います。

また、業者選びにおいてもアフターフォローの内容は重要です。

なぜなら外壁塗装の良し悪しは数年後に分かります。失敗をすると施工直後は綺麗でも数年後に不備が出てくるので、定期的な点検とその修繕をしてくれるアフターフォローの有無により外壁塗装業者の良し悪しもわかると言っていいでしょう。

そこで今回の記事では、「アフターフォローとは何か」「どのようなことをするのか」「業者によってどのような違いがあるのか」をご紹介します。

是非外壁塗装業者選びの参考にしてください!

アフターフォローとは何か

そもそもアフターフォローとは何なのでしょうか。

アフターフォローとは、施工完了後にする定期的な点検と何か問題があった場合の修繕をしますよ。という制度です。

それでは詳しく説明していきます。

定期点検

アフターフォローの主な内容は定期点検です。

一般的に塗膜の効果は10年といわれていますが、塗装中何か不備があると10年より前にひび割れ壁の凹凸チョーキング現象(壁を指で触った時に白い粉がつくこと)などが出てきたりします。

そのようなプロにしかわからない不具合がないかどうかをいち早く確認する為にほとんどの業者では定期的に点検作業を行い、ほんとうに塗装が成功しているかを確認します。

定期点検は1年後、3年後、5年後とすることが多いです。

小さな不具合でもそのままにしていたら日光や雨の侵入を許してしまったり、外観が悪くなってしまうなんてことにもなります。そうならない為にも定期的に点検をしてもらうことは大切になってきます。

定期点検をしてくれる塗装業者であればお得に補修工事ができますし、してくれない業者であればまた業者選びから始まり、お金ももう1工事分かかってしまうことになります。

つまり、定期点検をする塗装業者としない塗装業者では倍以上かかるお金が変わってきてしまうという事です。

不具合をいち早く発見し被害を拡大させないために定期点検をしっかりしてくれる業者を選びましょう。

不具合があった場合

定期点検を行い、なにが不具合が見つかった場合、原因を調査します。

調査した結果、保証対象内の劣化であれば無料で補修となります。塗料不具合の場合はメーカー立ち合いの調査が入る等、原因に合った対応をしてもらうことが出来ます。

ただし、保証対象外の場合はお金がかかってしまうこともあります。

どちらにせよ、専門家に点検してもらうことで原因がわかり被害拡大を防ぐことが出来るので心配な事があったら相談することをおすすめします。

以下の場合は保証外である場合が多いのでご参考にしてみてください。

アフターフォローの重要性

ここまでの内容からもアフターフォローの重要性はお分かりになったかと思います。

アフターフォローをすることによってプロにしかわからないような不具合をみつけそれ以上の被害拡大を防ぐことが出来ます。

逆に、アフターフォローがない業者と契約をしてしまうと

  • 完工時だけ綺麗に仕上げその後すぐ不具合が出ても対応なし
  • 不具合に気付かずそのまま被害が拡大し工事費用が重む

などの被害が考えられます。

職人はプロなので一般の方が分からないように手を抜き見た目は綺麗に仕上げる事も可能です。

そうしますと気づかないうちに余計に工事費用がかかってしまいます。きちんと定期点検をしていれば被害が小さい段階で塗装工事ができるので工事の規模も小さく、工事費用を大幅に節約することもできるます。外壁塗装における定期点検は、建物の健康を保つ秘訣であり、ひいては建物の寿命を伸ばすことにもつながるのです。

アフターフォローで塗装業者を見極めよう

業者によってもアフターフォローのあるなしはもちろん、内容も異なってきます。

アフターフォローがあると言っている業者も、名ばかりのアフターフォローで、連絡しないと一切来てくれないような場合もありますし、施工後の不具合を対応してもらえないこともあります。

「うちはアフターフォローがあるので安心ですよ!」と言われても一概に安心せず、アフターフォローの詳細を確認するようにしましょう。

「保証がある」と口頭だけで伝えられていたとしても、書面で契約をしていない限り保証とはならないので注意が必要です。

良いアフターフォローとは

・こちらから連絡がなくても定期的な点検がある。

・連絡したらすぐに来てくれる。

・施工の不具合が原因だった場合の補修。

悪いアフターフォロー

・こちらから連絡しないと来ない、「何かあれば連絡ください」のみ。

・工事後に連絡やお知らせがない。

ですので、塗装業者を選ぶ際には、

  1. アフターフォローがあり
  2. 塗装業者側から連絡があり
  3. 施工による不具合の場合には補修してくれる

外壁塗装業者を選ぶようにしましょう!

まとめ

アフターフォローの重要性はご理解いただけましたでしょうか。

アフターフォローとは施工後に行う定期的な点検と不具合があった場合の補修のことでした。

外壁塗装の成功は施工完了時にはわからず数年後に分かります。

大切なお家を守る為、そして無駄に費用をかさませない為にも、アフターフォローがしっかりしている塗装業者を選びましょう。

最低でもアフターフォローのある塗装業者を選びましょう。

そして、その内容を詳しく聞くようにしましょう。

せっかくの外壁塗装なので工事完了後も安心して過ごせる塗装業者を選んでみてはいかがでしょうか!

アフターフォローの他にも外壁塗装業者を選ぶポイントはたくさんありますのでこちらの記事も是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました