屋根修理の費用はいくら?

初めて塗装工事をご検討の方へ

最低でも数万円、高ければ数十万円以上にもなる屋根修理の費用ですが、にとっては費用相場や適正金額はわからないものですよね。
こちらでは、屋根の部位・トラブルごとに修理費用の相場帯をわかりやすく解説していきます。

屋根修理の費用相場

 修理内容費用相場
 瓦の部分修理       15万~30万円
 スレートの部分修理 15万~30万円
 棟の修理20万~35万円
 雨樋の修理 10万~30万円
 塗装の塗替え 35万~60万円
 全体の改修 120万~200万円
 

上記の金額には、屋根修理に使う足場代(約15万~20万円)の費用も含まれています。 もし部分修理であれば費用のほとんどを足場代が占めてしまうことになりますが、屋根修理は高所作業となるため、ほとんどの工事で足場代は必須になってきますので、覚えておきましょう。

【割れ・ズレ・めくれ】の修理費用

屋根修理の内容修理費用の相場(足場代込み)
破損・ズレ・めくれ
   15~30万円
屋根瓦の消失(強風などによる)
   15~30万円

屋根表面の瓦・スレート・金属の「割れ・ズレ・めくれ」などの部分破損は、屋根修理の中では比較的安く修理することが可能です。修理費用は15~30万円(足場代込み)が相場になります。

修理費用は、修理する範囲の広さと使用する屋根材の価格(グレード)によって異なります。

【棟】の修理費用

屋根修理の内容修理費用の相場(足場代込み)
 棟板金の修理
  20~32万円
 和瓦:棟の取り直し
(棟瓦の積み直し)

  20~32万円
 和瓦:漆喰の塗り直し
  20~30万円

屋根の山や谷部分にあたる「棟」部分の修理費用は20~35万円(足場代込み)が相場になります。

修理費用は、修理する範囲の長さと使用する屋根材の価格(グレード)によって異なります。和瓦屋根の修理は少々高くなってしまいます。

【付帯部分】の修理費用(軒天・雨樋)

屋根修理の内容修理費用の相場(足場代込み)
雨樋の一部交換・修理
  15~20万円
雨樋の塗り替え
  20~30万円
雨樋の全体交換
  20~60万円
軒天の修理(20cm四方以下)
  10~15万円
軒天の修理(20cm四方以上)
  15~30万円

屋根の「付帯部分」とは、軒天や雨樋の修理費用は10~30万円(足場代込み)、全体工事の場合でも60万円以下が相場になります。

【塗替え】の修理費用

工事方法費用相場工期内容
塗り替え約40~80万円10~15日【メンテナンス】・表面の軽い補修と再塗装

屋根表面を洗浄後、傷んだ箇所を補修して上から塗装する工事になります。修理というよりも、定期的なメンテナンスと考えてよいでしょう。
一般的には、10年前後でリフォームが必要と言われています。

屋根のみの塗替えの場合、費用は35万円~60万円が相場になります。

【全面リフォーム】の修理費用

作業内容によって、3つの工事方法がありますのでご紹介していきます。

 工事方法  費用相場 工期 内容
 葺き替え 約140~200万円  7~15日  【全体修理】
 ・土台を再工事
 ・瓦をすべて交換
 葺き直し 約100~180万円 7~10日 【下地の修理】
 ・土台を再工事
 ・同じ瓦を敷き直す
 カバー工法 約80~120万円 5~10日 【低予算な全体修理が目的】
 ・既存の屋根はそのままで
  新しい屋根材をかぶせる

葺き替え

「葺き替え(ふきかえ)」とは瓦を新しいものに交換する工事のこと。
また、「野地板(のじいた)」と呼ばれる下地が傷んでいる場合は、張替えも行われます。
費用は140万円~200万円が相場になります。

葺き直し

「葺き直し」とは既存の瓦を再利用して屋根の補修を行う工事のこと。
もともとの屋根材が「和瓦・洋瓦」で、瓦自体に問題がなく、下地のみの補修で済む場合に最適となります。
費用は100万円~180万円が相場になります。

カバー工法

既存の屋根の上に、新しい屋根を作って覆う工事のこと。重ね葺きとも呼ばれます。
屋根の中にアスベストが使われている場合は、撤去費用がかかるのを避けるため、カバー工法が採られることが多くあります。

耐震性などの問題から、既存のものより重量が大きい瓦が選ばれることはあまりないでしょう。

費用目安は80万円~120万円が相場になります。

屋根修理には「足場代」が9割方必要

これまでご説明してきた費用相場を見て、修理の実作業代よりも高い「足場代」が気になった方もいらっしゃると思います。

残念ながら屋根に関する9割以上の工事では足場は必須とお考えください。
足場の設置は、作業の精度の向上だけでなく、高所作業の安全確保の為、厚労省による規定がなされているのです。

屋根修理の費用をおさえるには【相見積り】

最後に、屋根修理の費用になぜこんなにも違いがあるのか? について解説していきます。
それは、同じ坪数の家でも、屋根の形状や傾斜によって面積が大きく変わるため、家の大きさが工事費用の目安にならないのです。

業者の得意・不得意により、同じ工事でも見積もり費用が倍近く変わることも珍しくはありません。
提案された修理内容がベストな選択肢であるかは、素人には判断しかねると思います。

ですので、できるだけ複数の業者から相見積もりを取り、費用や工事内容に納得のいく業者を選ぶことで、最適な工事を行うことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました